Woman

胸(おっぱい)の成長はいつまで 成長期すぎても大きくする方法は?

はじめまして

今回は胸の成長はいつまで続くのか?

そして成長期がすぎた後でもおっぱいを大きくする方法はあるのか?

について説明していきます!

バストアップ をあきらめないでください!

胸(おっぱい)の成長はいつまで 成長期すぎても大きくする方法は?

胸の成長いつまで 成長期過ぎた後

成長期から悩む人が増える胸へのお悩み。

「大きすぎるから嫌だ」という女性もいれば、「もっと大きくならないかな?」という女性も多くいます。

その際に胸はいつまで成長するのかと思ったことはありませんか?

胸が成長するメカニズムは何なのか、いつまで成長するのかを解決していきましょう。

胸の成長のメカニズム

1st:乳頭部分が膨らむ

胸の成長は初経の約1年ほど前から始まって、少しずつ乳頭周辺が膨らみます。

2nd:胸の膨らみが横に広がる

初経の前後では、大きくなる準備のために、胸の膨らみが横に広がります。

3rd:全体的に丸みがでる

初経の1年以上後から少しずつ、ふっくらした立体感のある丸い胸へと成長していきます。

 

胸が成長する時期はいつまで?

初経の年齢は10歳〜15歳と早い人と遅い人の個人差が結構大きいので、人によって成長する時期は違います。

でも、胸の成長する時期は約4年間です

約4年で女性らしい丸みのあるふっくらした形に成長が落ちつくのですが、それ以降はどうなるの?と思いますよね

胸の成長期の4年間はあくまでも”全ての女性の胸が変化する時期”なので、4年経ったからと言って、胸の成長が完全に止まってしまうなんてことはあり得ません。

胸の成長に深く関係している「女性ホルモン」を活性化することができれば、成長期を過ぎても胸を大きくすることが可能です。

じゃあ、胸の成長期が過ぎたらどうすればいいの?

胸が大きくならないと「もう成長しないのか」と不安になってしまう女の子も多いですよね。

ですが、先ほどもお話したように胸を大きくする女性ホルモンを活性化することができれば、閉経するまで胸を成長させることが期待できます。

ただし、女性ホルモンの分泌は20歳がピークだと言われているので、胸を大きくしたい女の子は日々の努力がとっても大切

ちなみにまだ成長期真っ只中なら、さらに大きく成長することが期待できるので、ぜひモテふわバストを手に入れて、男どもを悩殺していきましょう!w

胸を大きくするいくつかの方法をご紹介させていただきます

胸のサイズを左右する思春期の女性ホルモン

子どものときは誰でもぺったんこな胸をしている。将来の大きさはどのように決まっていくのでしょうか

バストは、思春期から成人期にかけて女性ホルモンが分泌されることによって大きくなっていきます。

つまり、この時期に女性ホルモンが多く分泌されるほど、大きなバストになるといえます

鍵を握るのは女性ホルモン...では、人によってホルモンの分泌量が違ってくるのはなぜか?

それは過度な運動やダイエット、また恒常的なストレスは、女性ホルモンの分泌を妨げる要因となります。

そのせいでバストの成長が止まってしまいます。

特に思春期は、人間関係、家庭環境、受験など、ストレスがたまりやすい環境ですからより気をつけないといけません。

思春期は、女性ホルモンの分泌を妨げるストレス要因に事欠かない。

部活動などで激しい運動や受験勉強のプレッシャーを感じたりすることで、女性ホルモンの分泌が抑えられてしまうケースもあるそう...

遺伝よりも生活の要素が大きかった

ストレスが直接的にホルモンに影響を与えることはわかったが、遺伝はどうなのか?

バストのサイズを決める遺伝的要素は、実は約30%程度と言われており、母親や祖母がどうとかよりは、ストレスをためずに規則正しい生活を心がけることが重要になってきます。よく眠り、バランスのよい食事をとることが、女性ホルモンの分泌につながっていきます。

胸の大きさを決定づけるのは、少しの遺伝的な要素と、思春期から成長期の女性ホルモンのようである。

いつ頃から気をつけたらよいのだろうか

バストは、初潮の1年ほど前頃からふくらみ始めるというのは、

際ほど紹介したのですが、

なぜ膨らむのかというと、

生物学的にいえば、

人間の女性の胸がふくらむのは『妊娠できる体』に成長した証としての男性に向けたアピールだと考えられています。

 

日本産婦人科学会によると

初潮の時期の平均は12歳前後である。

このくらいの時期からの女性ホルモンの分泌量が、

胸の大きさに影響してくるという。

また

18歳から20歳あたりが女性ホルモン分泌のピークで、

成長期の終了の時期だそう

なので、身長が伸び始めた時から成人までの間がベストなので

その期間中は気をつけるべきです。

胸の成長期すぎちゃっているという女性

安心してください!

成長期がすぎた後でも胸を大きくすることは可能です!

しかも、豊胸のような整形ではありません

日々の積み重ねと努力で大きくすることはできるので

今の現状に絶望でずに頑張っていきましょう

では、バストアップ方法について説明していきます。

成長期すぎた後でもできるバストアップ方法

方法①胸が大きくなる食品を積極的に食べる

胸を大きくしたいなら、胸の成長に深く関係している女性ホルモンに注目する必要があります。

女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」があり、その中の「エストロゲン」が胸の成長をサポートしてくれます。

エストロゲンを活性化させるためには、ボロンを含む食べ物を積極的に摂りましょう。

ボロンはなんと胸の脂肪だけを増やしてくれると言われており、果物や海藻類、キャベツなどに含まれています

エストロゲンと近い働きをしてくれるイソフラボンもおすすめ

イソフラボンは納豆や豆腐、豆乳などに含まれています。

1日3食、栄養バランスの取れた食生活を心がけることはもちろんのこと、ボロンやイソフラボンにも意識してみてください

方法②バストマッサージをする

胸をマッサージすることで血流がよくなるので、胸に必要な栄養素を多く届けることができます

胸の成長もサポートしてくれて、さらにハリが良くなるので垂れ防止にも!

なので、毎日マッサージを取り入れることがおすすめ

■バストアップマッサージの方法

背中から脇の下を通り、胸に向かってリンパを流します。

その次に、二の腕から胸に向かって脂肪を流すようにリンパを流します。

左右20回ほど繰り返したら終了

血流がよくなる入浴中や、お風呂上りに行うことが効果的

お風呂上りに行う場合は、肌に刺激を与えないようにボディクリームやオイルなどを使いましょう

方法③十分な睡眠をとる

毎日繰り返す睡眠も胸の成長に不可欠!。

睡眠中に分泌される成長ホルモンは、22時から2時に分泌されているとよく言われているのですが、実は寝る時間帯ではなく、睡眠の質が重要!

眠りについてから最初の90分は最も睡眠が深くなり、成長ホルモンの約70%~80%が分泌されるタイミングであることが分かっているそうなので、いかに深い眠りについていられるかがポイント!

睡眠の質を低下させる寝る前のスマホやパソコンの使用は控え、リラックスした状態で眠れるように、アロマを焚いたりストレッチをしたりして過ごしてみてください。

睡眠の質を上げる方法はこちら

方法④育乳サプリを飲む

おすすめの育乳サプリは【シンデレラアップ】です。

これはてんちむさんが愛用し、

てんちむさんもおすすめしている

育乳サプリで、効果がとても期待できます

 

方法⑤下着を見直す

毎日身につける下着も重要

自分に合った下着でなければ、

胸が垂れたり離れたりしてしまいます。

 

胸を大きくすることはできても、

キレイな形がキープできなくなるので、

定期的に自分のバストサイズを調べるようにしてください

 

ブラジャーのサイズは、

トップバストからアンダーバストを差し引いた大きさで決まるので、

バストの一番高いところのトップバストと、

バストの一番低いところのアンダーバストを

地面と平行になるように測ってみると

うまく測れると思いますが、

理想としてはお店などで測ってもらうと良いでしょう。

 

また、寝返りやうつ伏せなど、

睡眠のときの動きに対応していない

日中用のブラジャーで眠るのではなく、

夜専用のナイトブラを着けて眠るようにすることも大切!

-Woman

© 2021 色んなことをのんびり語るブログ