NBA

歴代バッシュ KDことケビンデュラントのシグネチャーシューズ

NBAの歴代トップのスコアラーとも称されるケビンデュラント。

もちろん、そんな一流の彼には自分のシグネチャーシューズ(専用モデル)があります。

ウォリアーズの最終年のプレーオフファイナルでアキレスけん断裂の大けがを負ってしまい、そのオフシーズンにブルックリンネッツと契約したものの一年全休しました。

挑むブルックリンネッツ二年目にはパフォーマンスの低下が心配されていましたが、問題なかったですよね。

結局、カンファレンスセミファイナルで負けてしまいはしましたが、誰もが認めるハイレベルなプレーを見せてくれました。

そんなケビンデュラントの歴代シグネチャーシューズを紹介していこうと思います。

最後にはプロフィールと個人的な彼への思いを綴りますw

バスケアニメや男のロマンを無料視聴する方法!

KDの契約ブランドはNIKE

ケビンデュラント(以下、KD)は大学生時代はテキサス大学でプレーしており、テキサス大学では一年だけプレーしたのちに2007年のNBAにアーリーエントリー(大学卒業前にNBAのドラフトにエントリーすること)しました。

結果2007年のNBAドラフトで2指名でシアトルスーパーソニックス(現、オクラホマシティサンダー)に入団しました。

ドラフト前から大きな期待が寄せられていて、各シューズブランドが血眼になって、KDとの契約を勝ち取ろうとしていました。

最終的にアディダスとの競り合いに勝ち、NIKEがKDとの契約を勝ち取ることができました。

その契約金は6年6000万ドル(約60億円程)という20歳にも満たない選手がもらっていいのか!?って言うほどの額でしたww

ルーキーシーズンで新人王を獲得したKDは、翌年の二年目となるシーズンに自身初のシグネチャーシューズのNIKE KD 1を早くも作ることができ、それからKDシリーズは大きな人気を誇りNIKEの莫大な収入源となっています。

ほかのNBA選手からも好んで履かれています。

KDシリーズの歴代バッシュ一覧

KDのシグネチャーシューズの新しい順から紹介していきます。

2021年 Nike KD 14

photo[Nike KD 14 Psychedelic]

Nike KD 14

リリース 2021年4月

特徴 「KD7」以来となるTPUのストラップがを採用

2020‐21シーズンにアキレス腱断裂の大けがから復帰を果たしたKDが履いたシグネチャーシューズ。

けがの影響もあり欠場もあったが、けがを感じさせないプレーを見せ、その得点力は健在でした。シーズン平均26.9得点がそれを証明しています。

この年のプレーオフは自分がNBAのNo.1だ!と言わんばかりのパフォーマンスを見せてくれた。

ウォリアーズ時代に嫌っていた人もこの年の彼の頑張りは評価するべきだと思います。

2020年 Nike KD 13

Photo[Nike KD 13 Black Grey]

Nike KD 13

リリース 2020年4月 Nike KD 13

昨シーズンのウォリアーズでのNBAのプレーオフファイナルでアキレス腱断裂の大けがを負ってしまい、

それでも全休承知で契約を結び、

ブルックリンネッツの一員となった2019-20年シーズンのシグネチャーシューズ。

以上の通り、この年はアキレス腱断裂の大けがからのリハビリに専念するためにシーズンを通してプレーをすることはありませんでした。

2019年 Nike KD 12

Photo[Nike KD 12 Don C]

Nike KD 12

リリース 2019年4月

2019年のプレーオフで着用したシグネチャーシューズ。

先ほど言いましたが、翌年はアキレス腱断裂の大けがのリハビリに専念し、全休しました。

翌年、多くのプレイヤーがKD12を履いてプレーしました。

2018年 Nike KD 11

Photo[Nike KD 11 Black White Racer Blue]

Nike KD 11

リリース 2018年10月01日

KDがウォリアーズのラストイヤーで履いたシグネチャーシューズ。

当時のウォリアーズはスーパーチームで、このシーズンも5年連続でファイルに進出しました。

しかし、KD12でも言った通り、この年はKDがアキレス腱断裂の大けがをしてしまい、さらにチームメイトのクレイトンプソンも負傷し、ウォリアーズはトロントラプターズに敗北し、三連覇を逃しました。

2017年 Nike KD 10

Photo[Nike KD 10 Black History Month (2018)]

Nike KD 10

2017-18年シーズンにKDが着用したシグネチャーシューズ。

KDは加入前からのウォリアーズのスター選手のステフカリー、クレイトンプソン、ドレイモンドグリーンとともに圧倒的な強さでウォリアーズは二連覇を達成しました。

この昨年に続きKDはファイナルズMVPに輝きました。

2016年 Nike KD 9

Photo[Nike KD 9 Gold Medal]

この年はゴールデンステイト・ウォリアーズに電撃移籍をし、オクラホマのファン以外からも大ブーイングをされていたKDがこのシーズンに着用したシグネチャーシューズです。

昨シーズンに歴史的大快挙のシーズン73勝ウォリアーズに

ほとんど主力が変わらずにKDが加入したことによって

歴代でも類を見ないほどの最強チームができました。

もちろんNBAファイナルに進出し、去年の王者であるクリーブランドキャバリアーズを倒し、KDは自身初の優勝を飾った。

クリーブランドキャバリアーズに所属していたNBAの王様レブロンジェームスを超えるために

ナンバー2の立ち位置に我慢ができずに優勝すれば、それが変わると思ったKDですが、

この優勝に価値があると思っている人はあまりいません。

もちろん、リングはリングという意見もありますが。

2015年 Nike KD 8

Photo[Nike KD 8 Aunt Pearl]

Nike KD 8はオクラホマシティ・サンダーの最終年になった2015-16年シーズンに着用していたシグネチャーシューズです。

このシーズンのオクラホマシティサンダーは歴代でもトップクラスの勝率を誇っていた歴戦の強豪サンアントニオスパーズ相手にカンファレンスセミファイナルでぶつかり、勝利をおさめます。

さらにカンファレンスファイナルでは、歴代最高勝利数を達成した73勝ウォリアーズ相手に3勝1敗の大躍進を見せました。

しかし、ゲームの内容では勝っていたサンダーでしたが、ウォリアーズの選手が最終クォーターに爆発したせいで負けてしまい

そのまま3連敗し、悔しい敗戦となった。

翌年ゴールデンステイト・ウォリアーズに禁忌の移籍をしてしまい、大炎上したのは有名な話です。

話というかなんというかw

2014年 Nike KD 7

Photo[Nike KD 7 What the KD]

Nike KD 7は2014-15年シーズンに着用したシグネチャーシューズです。

しかし、同年はけがも重なりあまり満足のいくシーズンではなかった。

相棒のラス(ラッセルウエストブルック)が得点王に輝いたのもこのシーズンですね。

相棒の有志をしっかり見届けてました。

2013年 Nike KD 6

Photo[Nike KD 6 What the KD]

KDがMVPに輝いたシーズンに着用していたのがこのシグネチャーシューズ。

MVP以外にも得点王(シーズン平均32.0得点)も達成し、この年の主役の一人といっても過言ではない活躍でした。

自分を育ててくれた母への涙のスピーチは感動モノでしたね!

2012年 Nike KD 5

Photo[Nike KD 5 Christmas]

自身5作目となったシグネチャーシューズのNike KD 5。

この年のKDは優秀なシューターの中でも特に優秀でないと達成できない

フィールドゴール成功率-3ポイント成功率-フリースロー成功率がそれぞれ

50-40-90(フィフティー・フォーティー・ナインティ)を達成しました。

2011年 Nike KD 4

 

Photo[Nike KD 4 Gold Medal]

2011-12年シーズンに着用したシグネチャーシューズのNike KD 4。

このシーズンは自身3度目の得点王に輝き、さらにはNBAファイナルにも進出するという快進撃を達成しました。

もちろん、相棒のラスや将来得点王やアシスト王、MVPにも輝くジェームズハーデンやインサイドの鬼サージイバカのヤングコアの成長もありました。

しかし、エースとしてチームを引っ張っていたのは間違いなくKDであり、ファイナル進出の大きな貢献をしたのは紛れもない事実です。

ファイナルではスリーキングス要するマイアミヒートに1勝4敗で敗れてしまいましたが、大きな期待が感じさせてくれるシーズンとなりました。

2010年 Nike KD 3

Photo[Nike KD 3 All star]

自身2度目に得点王に輝いた2010-11年シーズンに着用したシグネチャーシューズ。

平均得点は27.7でした。

ちなみに得点王は2年連続です。

2009年 Nike KD 2

Photo[Nike KD 2 OKC Away]

2009-2010年シーズンに着用したシグネチャーシューズのNike KD 2

このシーズン、シグネチャーモデルが作られるほどの選手なだけあって、KDは自身初の得点王(シーズン平均30.1得点)に輝きました。

ちなみに21歳と197日での受賞はNBA史上最年少記録になります。

2008年 Nike KD 1

Photo[Nike KD 1 OKC Home]

NBA2年目に早くも自身のシグネチャーシューズを作ることになったKD。

そんな2年目の2008-2009年シーズンに発表されたのがNike KD 1です。

このシグネチャーモデル作成は

昨シーズンに新人王を達成した彼への期待の最大の現れでしょう。

バスケアニメや男のロマンを無料視聴する方法!

-NBA