通信制大学は卒業が難しいのか?卒業が難しいと言われる理由を通信大学生が解説

2021年6月15日

突然ですが、通信制大学は卒業が難しいということを聞いたことはありませんか?

現実、通信制大学を卒業する確率が低いのは間違いではありません。

 

その理由はなぜなのか?を考察していきたいと思います。

人によって通信制大学に通っている理由も違いますし、環境も違います。

なので、一概にこれが理由で通信制大学の卒業が難しいとは言えませんので、それだけは先に断っておきます。

ですが、基本的にこの理由をよく聞く、自分はこのタイプなど実体験なども参考にして紹介していきますので、よろしくお願いします。

大学の資料請求は↓

人気の大学・専門学校・通信制高校が満載!【なるには進学サイト】

通信制大学は卒業が難しいのか?卒業が難しいと言われる理由

絶対見てほしい!大学生がバイト以外で稼ぐ方法(大学生じゃなくても大丈夫!)

通信制大学の卒業が難しいと言われる理由を紹介していきます

 

自由な時間が少ない

通信制大学の卒業が難しい理由としては、自由な時間が少ない場合が多いです。

通信制大学は社会人が最終学歴を大卒にするためやまた勉強をし直したい人など、色々な大人が入学します。

入学するのは非常に楽なんですけど、やっぱり会社との両立が難しいです。

仕事が終わるって帰った後に勉強、もし一人暮らしなら家事もあります。

休みの日も返上する覚悟が必要なので、周りの社会人よりも、もっと遊ぶ日は減ります。

僕が通っている通信制大学では、スクーリングは必須になり、さらに単位修得試験を各地方にある会場に行って受ける必要があります。

その時はいつも以上に勉強が必要になります。

もし、土曜も出勤の方は有給を取る必要があるので、自分の有給を一日テストに使わなければなりません。

しかも、1ヶ月で受けれる試験の量は決まっている(僕の通っている通信制大学の場合)ので、受ける月の指定の土曜日に仕事があるなら、その都度休みを取る必要があります。

簡単にまとめると

仕事しながらの勉強はハード(自分が家事をしないといけないならもっとハード)

テストの日に仕事が入る職業なら有給が必要

普段の仕事以外の時間を通信制大学の勉強に使う必要がある。

なので、

周りが遊んでいる時も勉強するメンタルが必要

自分の自由時間を減らす覚悟も必要

自由な時間が多い

僕はこのタイプです。時間が多すぎるんです。

大袈裟にいうと24時間自由です。

寝る時間も働く時間も勉強する時間もゲームする時間も遊ぶ時間も何もかもか自由に決めることができます。

だから、だらけます。

僕は大学受験を失敗し、浪人も失敗に終わって、通信制大学に転がり込んだ形なので、社会人からの入学ではありません。

なので、正社員ではなく、バイトをしています。

しかも、実家暮らしなので、基本的にマイマザーが家事の多くをやってくれます。(もちろんお手伝いもしていますよw)

バイトは夜勤で時給が高く、通学制の大学生よりも効率よく稼げているので、お金もそれなりにあります。

なので、少し遊んでしまうんですw

時間があるが故に、色々な誘惑に耐えることができずに、勉強以外のことをやる時間が増えていきます。

もし、あなたがこのタイプになりそう・なっている場合は、タイムスケジュールを設定して、それ通りに動く方ことをおすすめします。

絶対にその時間に動くようにするので、友人からの誘いも断りましょう。

自己管理が全然できないって人は、このくらいしたほうがいいです。

独学の難しさ

次の通信制大学の卒業が難しいと言われる理由は「独学」です。

スクーリングやビデオ授業などもありますが、僕の通っている通信制大学の基本はレポート作成で「独学」がメインです。

シラバスに書いてある教科書を読み、問題に沿ったレポートを作成します。

この場合は独学で進めます。

その教科書と資料集(どれも自腹)を読み、問題も部分を読み取り、理解してまとめて正しい書き方で書きます。

余談ですがブログは好きなように書いているので、その感じが取れずにレポートを書いてしまって、大量に減点→再提出になったことがありますw

僕は宅浪だったので、独学は比較的に慣れていますし、できる口なのですが、したことない人は慣れるのに時間がかかるかもしれませんね。

でも、多少はできるようになるので、諦めずに頑張って欲しいです。

継続の難しさ

これは通信制大学の卒業が難しい理由というか、色んなことに言えることです。

でも、通信制大学はもっとこの「継続」が鍵になると思っています。

通学制の大学とは違い、同じ大学生との接触があまりありません。

なので、よく思い浮かぶような学校生活とはかけ離れた日常です。

他の学生と話たり、過ごしたりして刺激をもらうことも少ない。

ただ試験を受けに行くときにチラチラと学生たちを見る程度ですが、何人か知り合いのような人たちがいて、その人たちは楽しそうにしています。

ただ、それも一部なので、もし色々な人と話したい場合は、自分から積極的に話しかけるようにしましょう!

テストの過去問も手に入れられるかもしれません!

大学の資料請求は↓

人気の大学・専門学校・通信制高校が満載!【なるには進学サイト】

最後に

以上が、通信制大学の卒業が難しいと言われる理由になります。

他にもあると思うので、その都度追記したいと思っていますが、基本的に上記の奴が主な部分になっていると思います。

通信制大学の卒業が難しいと言われる中で、しっかり耐え抜き卒業できるように頑張ってください!

大学の資料請求は↓

人気の大学・専門学校・通信制高校が満載!【なるには進学サイト】

Posted by 村崎